スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊良部・宮古島 旅日記 番外編 島海空(すまんかいくぅ)

番外編その2。今回のダイビングでお世話になった伊良部島ダイビングショップ「島海空(すまんかいくぅ)」の紹介。

0730001.jpg
#島海空さんショップ全景


今回は、最初は宮古のショップにしようかなーとも思っていたんですが、以下の勝手なイメージで伊良部の島海空さんに決定。

・宮古島のショップにしても、行くポイントはほぼ変わらない。
・この時期のポイントはほぼ伊良部周辺。
・だったら移動時間が短いほうが良い。
・伊良部島宿泊者割引あり。
・HPのつくりがきれい。
・他のショップに比べ客層もスタッフの方も若々しいイメージ。


今回は下地島に行くというのも大きな目標だったので、伊良部ステイ⇒島海空さんに決定 という自然な流れで決まりました。
で、実際に行ってみると思っていた通りで、ショップとしてもスタッフのお2人もとても明るく、失礼かもしれませんが、お兄ちゃんとお姉ちゃんにダイビングに連れて行ってもらった感覚で楽しく潜れました。

0730103.jpg
#MASAさん。一緒にジャンボカツカレーを倒した戦友?笑

0730015.jpg
#RUMIさん。熊本出身とのことで、どうしても従姉妹のお姉ちゃんに見えてしまう。。(saeの母方の田舎が熊本)


すごいアットホームなショップさんで、とても居心地がよかったです。
犬好きなsaeとしても看板犬のライラとラッシーもすごく愛らしく、もっと仲良くなりたかったんだが。。。残念。。

0720045.jpg
#看板犬ライラ


これから伊良部・宮古に潜りに行かれる方おススメですよ!
saeもまた伊良部に潜り行く際はぜひ利用させてもらおうと思います。
お世話になりました!!

0730048.jpg
#最終日に記念撮影。
スポンサーサイト

伊良部・宮古島 旅日記 番外編 びらふやー

番外編その1。今回の旅で5泊6日もお世話になった宿の紹介。

お世話になったのは、『ゲストハウスびらふやー』さん。

伊良部島に宿を構えてもうすぐ2年になるこちらのゲストハウスは、宿主の雷太さんと文さんご夫妻が営むアットホームなゲストハウスです。

詳細はHPを見ていただくとして、自然とゲスト同士が仲良くなるような配置になっていて、皆がそれとなくゆんたくスペース(居間的なところ)に集まり、いつでも明るい話し声と音楽にあふれている6日間でした。

だからといって、コミュニケーションは強要されることもないので、自分のしたいことしててもいいし、何のことなしにゲスト同士話してみたり。
もしくは、夕方は宿の屋上で夕日を眺めながらビールを飲んだり、夜は夜で近くの浜でギターを弾きながら月や星を眺めたり。

今回は初めての一人旅、かつ初めてのゲストハウスだったんで、初日は若干不安だったんですが、上記のような環境なので、特に気を使うこともなく居心地のいい6日間をすごせました。


0726007.jpg
#びらふやー全景


0726004.jpg
#夜のびらふやー。笑い声と三味線やギターの音があふれます。


0726002.jpg
#長期滞在者は自炊ももちろん可。


0726006.jpg
#看板犬のもんちゃん。頭よくてびっくり。



リゾートホテル的なサービスではなく、ゆっくりとした時間や伊良部の田舎の雰囲気を味わいたい人はぜひどうぞ。

またいつか伊良部に帰るときは泊まろうと思います。

伊良部・宮古島 旅日記 7日目

さて、旅行も最終日。

今日は期間中一回もみれていなかった朝日を見に車で10分ほどの東平安名崎へ。
残念ながら天気はいまいちだったけど、いまいちながらも少し朝日を見ることが。

0722006.jpg
#朝焼けの雲

0722009.jpg
#一瞬除いた朝日


宿に戻った後は、軽く二度寝して(笑) ざわわの2階にある新香茶(あたらかちゃ)というカフェで朝ごはん。
残念ながら天気が悪くて、眺めは今一歩だったんだけど、晴れてたらものすごくいい景色。残念。

0722014.jpg
#カフェからの眺め。一面のきび畑。

ここは、宮古島特産のマンゴーを使用したパフェやマンゴーチーズケーキなど、いろいろなスイーツがあって、ゆっくりコーヒーを飲むにはすごいよさそう。あと、カレーのランチもやっていて、すごくよい匂いを漂わせていたのに、残念ながら食べることができず。。。
次は絶対食べてやる。。。



ざわわを後にして、今日は宮古島南岸をドライブ。
来間島へ渡る橋を渡る。昨日渡ったのは池間島ね(笑) 今日は一人。。

0722017.jpg
#来間島から来間大橋を望む。

こちらも海のエメラルドグリーンがすごい綺麗!
いやぁ宮古島でも遊べるところいっぱいあるのに今回はスルーしちゃったなー。残念。。。


あとは、13時までにレンタカーを返す必要があったため、車があるうちにダイビング器材を先に預けたり、平良に戻ってお土産買ったり。

ちょうどタイミングよく、びらふやーで一緒だったヒカルさん&ハルちゃんカップルも近い時間帯の飛行機に乗るということで、お見送りに。
2人はこれから那覇に渡り、旅を続けるそう。
すごいお似合いの2人で仲のよさが一目でわかるようなホンワカした感じのカップルで、
うらやましかったー。。
よい旅を!!!

0722028.jpg
#2人が乗った飛行機を見送る。また東京でー!!ちなみに2人が乗ってるのはANAのほうねw

2人を見送った後は、会社へのお土産を買い、宮古島最後のランチ。
宮古そばをじっくり食す。

0722032.jpg
#空港レストランだけど、宮古そば。


少し余った時間は、10分1000円のクイックマッサージを受けて疲れた体を癒してみる。。笑
おかげで宮古-那覇間は爆睡で。。気づいたら那覇でした。



那覇では約1時間のトランジット。
時間を少しもてあましたので、旅の続きを意識して。。。

いつもは「旅、お疲れ様!!」的な心情ですることもありますが、
今回ばかりは「家に着くまでが、旅です!」的心情で、、、

呑んじゃいました。オリオン。

0722034.jpg
#家に着くまでが旅です! オリオンとさんぴん茶。



ということは、そうですね、容易に想像がつきますね。

那覇-羽田間もほぼ爆睡。笑



さすがに全部寝るのはもったいないので、少しばかり景色を。

0722037.jpg
#フライト中は終始いい天気で。旅を締めくくり。




こんな感じで、伊良部・宮古島の旅は終わりました。

忙しかったプロジェクトや他の仕事が片付いたことから、ふとしたきっかけで決めた今回の旅行でしてが、いろんな出会いやいろんな人と話せたことによって、リラックスできたのはもちろん、少し今後の考え方もいいほうに持っていくことができたんじゃないかなぁと思っています。

正直最近は仕事や今後のことなどいろいろ漫然とした不安を持っていたのですが、旅をしてみたことで、それこそ沖縄でよく言う「なんくるないさー」ではないけど、いろいろ考えても、何とかなることもあるなーと思いました。
それは考えないこととはちがって、自分が正解だと思ったことを思い切りやれば、きっとそれが正解になるんじゃないかなーと。


みんな違ってみんな正解

旅先で出会った人と話したり、景色を見たりしてそう思いました。



単純に一人旅も楽しくて、自分の思うように行動できたのも、まったくストレスも感じなかったし、リラックスできたのもよかったです。もちろん数人で行く旅も、もちろん楽しいけどね。


これをいい糧にして、今後も仕事や人生を悔いのないように、自分で考えて決断して行こうと思いました。




湿っぽくなってしまいましたが、また機会を見つけて伊良部・宮古に帰りたいと思ってます。
伊良部で出会ったみんなありがとう!
また東京でも、伊良部でも会いましょう。




伊良部・宮古島 旅日記 6日目

今日は伊良部島最終日。

ゲストハウスびらふやーの皆さんともお別れ。結局予定よりも1泊長く滞在してしまうほどの居心地の良さで、かなり、名残惜しかった。。。泣

でも、僕が発つときには、その時間に宿にいた皆が出てきてくれて、一緒に集合写真を撮ってくれたのが嬉しかった☆ ありがとうびらふやー!!また帰ってくるよ!!

0721012.jpg
#宿の前で集合写真。びらふやーのみんなと。


後ろ髪引かれながらも、今日は宮古島へ。
一日、レンタカーで見て回る予定。 びらふやーのヘルパーユキンコと、同日チェックイン同い年のタカシくんも一緒に宮古を見て回ることに。一人だと思っていたところに、お供してくれる人が現れて、楽しみ倍増。


まずは、西平安名崎・池間島方面へ。

砂山ビーチによって、ビーチ見学。

0721017.jpg
#ビーチへと続く道

ビーチは人がいっぱいであんまりいい絵が撮れなかったけど、よく雑誌とかにもでているビーチで、すごい綺麗で、今度宮古で時間ができるときには泳ぎに期待ポイントかも。


続いて、池間に向かう途中にあるたこ丼で有名な「すむばり」へ。有名なのは知っていたけど、あんまりイメージのわかなかったたこ丼。食べてみると、そりゃもううまい。新しい発見。


0721019.jpg
#たこ丼!


そのまま続いて、池間島と宮古島を結ぶ橋、池間大橋を渡ってみる。
たぶんこれも雑誌とかで見たことあるポイントだと思うけど。

0721024.jpg
#海中にまっすぐ伸びる橋とエメラルドグリーンの海のコントラストがたまらん!


池間大橋を後にしたあとは、池間をぐるっと1周したうえで、西平安名崎へ。
こちらはほぼ池間大橋と景色が変わらなかったので割愛。。笑

今度は、宮古島名物マンゴーの農園を探しながら島を横断し、今日の宿「宮古島リゾートハウス ざわわ」へ。
行く途中では残念ながらマンゴー農園は見つからず。。

とりあえず、ざわわにチェックイン。

0721040.jpg
#まわりはサトウキビ畑に囲まれ、まさに、ざわわ

0721058.jpg
#全景撮るのを忘れてしまったので、夜の雰囲気。


びらふやーヘルパーユキンコは、スタッフとして偵察&今度とまりに来る予定もあるとのことで、入念にチェック笑
びらふやーとは結構雰囲気が違って、ゲストハウスと言うよりは小奇麗なペンションに近い感じ。
女性や家族連れには評価よさそうだけど、びらふやーなみたいな宿としての一体感はなかなか得られなさそうな感じかな。泊まる人にも寄ると思うけど。


俺だけチェックインした後、ざわわのスタッフさんに聞いて再度マンゴー園調査。
すると、さっき一度通ったあたりにおすすめの農園があるとのこと。がーーん。

でもまあ、ドライブをかねて再度池間のほうへ。

田原フルーツランドという農園にお邪魔したんだけど、農園は本日はお休み。窓も閉まってて。。。
でもあきらめずに、窓の隙間から呼んでみると、中で作業中だったおじぃが出てきてくれて、中に招き入れてくれることに。ちょっと収穫時期的にタイミングが悪くて、今日食べれるマンゴーは置いていないとのこと。
いろいろおじぃの話を聞いて聞くうちに、おじぃもだんだん乗ってきて、1個あまってたマンゴーを剥いて試食させてくれました。おじぃありがとう! これがまたうまいのなんので、あんな豪快な食べ方したの初めてですよw

0721043.jpg
#選別をまつマンゴーたち。東京の市場に出たら1個1000円は下りません。

0721045.jpg
#見事なまでに豪快にマンゴーを食すタカシくん

結果的に試食させてもらった上に、いろんな話を聞かせてもらう。
・おじぃの農園は6000坪!
・いろんな人が買いに来ること
・ラクダとエミューを飼っている
・おじぃの家が映画「深呼吸の必要」のロケ地になった
・池間の海の近くに、広大な土地を持っていて、連日不動産屋が宿とかやりませんかと訪れる

など。もうこの時点ではお茶まで出してくれて、お菓子も「食べろ、食べろ」と。
もうほんと宮古の人はやさしくて世話好きなんだなー感じたね。いい出会い。

最後は、飼っているラクダからマンゴーがどうやってなっているかなど、一通り農園内を案内してくれる始末。もう完全に社会科見学ですよ笑

お礼もこめて宣伝しておきます!

宮古のマンゴーなら「田原フルーツ農園」へ!(HPはなかった模様。。) 池間から平良に向かう途中のカフェカラカラの次の角を左曲がった先の集落の中にあります!
けいとくおじぃがとってもいい人だし、マンゴーも最高!



その後は2人を平良港まで送って、伊良部へと帰る2人をお見送り。
ホント楽しかったよ!ありがとう!



再びざわわまで今度は一人で、さびしく帰る。

今日はたまたまなのか、泊まってる人も少なく、ゆんたくスペースで同宿の人と少ししゃべりながらご飯を食べて早めの就寝。

明日はいよいよ帰京です。。。ああぁ帰りたくない・・・

伊良部・宮古島 旅日記 5日目

今日はダイビング最終日。

8時半に出発して、ポイントへGo。
でも、さすがに3連休の中日だけあって、ほかの船もちらほら。


「L字アーチ&ワープホール」というポイントついてみると、昨日までの伊良部とは思えないくらい濁っててちょっと残念。
だけど、少し早めに出た甲斐あって、カメさん登場。

0720002.jpg
#アオウミガメさん

ここはでかいアーチがあって、しかもアーチの部分に穴が開いていて、太陽の光が差し込むという素敵なポイント。

0720007.jpg
#RUMIさんに被写体になってもらって、ダイバーのシルエット


2本目はそのままちょっと移動して、「クロスホール」と言うポイント。
ここも地形の伊良部らしく、洞窟内に差し込む太陽が感動的なポイント。

0720019.jpg
#洞窟入り口にはヨスジがたくさん

0720025.jpg
#最深部には、こんな神秘的な空間が。


ばしばし写真を撮った後は、もう撮るのをやめて、ただただ上を見上げ、イラブルーの蒼さに漂ってみました。なんかすごいスピリチュアルなオーラが。


0720041.jpg
#クロスホールの由来は穴が十字に見えるところから。見えるかな?


これにて伊良部ダイビングはすべて終了。

あとはショップに戻ってログ付けと清算。
ショップの看板犬のライラと融和を試みるも、いかんせん寄り付いてくれません。

0720045.jpg
#次回こそはライラと。。

利用したショップの「島海空」さんについてはまた別途書きます


帰りにまた下地島に寄ってもらって飛行機と海を堪能。
0720056.jpg
#色が綺麗!!


宿に戻ったら、宿で仲良くなった子とシュノーケリングに。
残念ながらカメラの電池がすぐ切れてしまったので、写真はないですが、シュノーケリングポイントでもサンゴが活き活きで、ただ漂ってるだけだったけど、気持ちよかった~~



今日はびらふやーでのラストナイト。
みんなでゆったり語り合ったり、バーで泡盛飲んだりで、ゆるーりと最後の夜を楽しむ。
この雰囲気いいなー。絶対また来ようっと。


明日は宮古に渡り違うゲストハウスで1泊して帰ります。

伊良部・宮古島 旅日記 4日目

今日は潜れた!

完全回復とまでは行かなかったけど、ボートで出るには支障ないくらい。
ってか天気がやばすぎ。真夏の太陽が復活して、じりじりと焼けてくる音がするくらいの。

d001.jpg
#今回お世話になった島海空のショップと真夏の青空。



今日は回復を待って昼からダイビング開始。
まだ台風の影響が残るので島影となるポイントでダイビング。


1本目は「活き活きミドリちゃん。」笑

ミドリイシが活き活きとしてるからつけられたポイント名だそうで。
名前の通り、と言うかそれ以上。ミドリイシ以外のサンゴも超イキイキ!

白化現象とか、オニヒトデとかサンゴの危機が叫ばれていますが、この光景を見ると感動すら覚えます。

d039.jpg
#元気いっぱいのサンゴ

d0042.jpg
#透明度も抜群!

d020.jpg
#カマスの群れ

2本目はちょっと移動して、「スネークホール&ハナダイの根」。

こちらは有名ポイントらしく、ちょっとダイバーがいっぱいで濁り気味。
スネークホールは洞窟を抜けるとホールみたいなとこに浮上できて、いい雰囲気を味わえます。

。。のはずだったんだったんだけど、折からのうねりで浮上してみたのはいいものの、グワングワン揺られて遊ぶどころではなく。。

ちょっと残念。

d052.jpg
#ちょっと間抜けなツバメウオ



昨日の分も十分に取り戻せる位のいい海でした。
明日でダイビングは最終日。

早朝ダイビングの習慣がないという伊良部では早い8時半出発の、人の少ない海狙いで!


ということで、夜はこれから、今日もゲストハウスびらふやーでは、みんなで談笑です。
今からはギター弾き語りのスピッツが聞こえてきております。



実は毎夜ですが、、、みんなで呑んできます。

では。

伊良部・宮古島 旅日記 3日目

今日は天気こそ回復したものの、海は全然だめ。

なので、今日は昨日食べたジャンボカツカレーをなかったことにすべく、伊良部・下地ママチャリで一周走破を敢行。

離島とは言っても、周囲は二十数キロあるようで。普通に漕いでたら2時間半くらいかかりました。


【7.21追記】
びらふやーの文さんからご指摘いただいたので追記。
2つの島を周るとあわせて40kmあるそうで。。。。
やるな、おれ 笑



ということで。今日も、下地からスタートで、Touch&Goを見学。

今日はANAのB6とB737が練習中。

d0008.jpg

#B767をちょっと追い撮り

d015.jpg

#B737を真下からあおって。


飛行機ばかりになってますが、飛行機だけじゃなく周りの景色も最高でした。


d013.jpg
#天気悪くて残念だけど、海に突き出た誘導灯


この後は、本格的に島一周スタート。
途中おとといお世話になった島海空さんによって、一周のアドバイスを受ける。

が、「sae君なら、若いし体力有りそうだしいけるよー」

とのお言葉。行かないわけには行かない。挫折もできません。





結果から言うともちろん完走しましたよ。アップダウンが激しかろうが台風の向かい風正面から受けようが。


もうね。足パンパン。

いやーマジ疲れたーだいぶ燃えただろう、きっと。


d019.jpg

#途中のきび畑の真ん中一本道。




明日は海も落ち着いてダイビングできそうです。
もぐれなかった分取り戻しちゃうもんねー








伊良部・宮古島 旅日記 2日目

今日はやはり台風でやられました。。

朝起きてみると、天気はいいものの暴風で、波はうねうね洗濯機。クリーミーな海。

d017.jpg

#舞い飛ぶ潮を避けて何とかハウジングをはずして撮った、どかん波。小さめ 笑



ダイビングはあきらめ、少し下地島観光。

といっても、下地島は飛行機訓練場があるだけであとは、海だけ。
そう、訓練場があるため見てみたかった、訓練機のTouch&Goを見学。
今日はJALのB767とANAのボンバルディア機が練習中。

d004.jpg
#Runway 17エンドから

d008.jpg
#強風の中ふらふらしながら降りてくるボンバルディア機


その後、通り池とか見に行ったんだけど、そらもう潮がすごくて、ハウジング入れたまま写真とってたらぼやっとしたのしか撮れんかった。


ひととおり見せてもらった後は、ショップにて今後の相談。台風の様子次第だけど、あさってくらいには潜れるんでは、ということに。



何かの話の流れで、伊良部島で有名な大盛りのジャンボカツカレーに勝負を挑みに行くことに。
説明は不要。写真は以下。

d021.jpg
#これで650円。横の飴玉に注意。

ガイドのMASAさんとともにいざ勝負!!。。








d023.jpg
#ああ、食べちゃったの図



かなりの強敵でした。熱々のカツがまた・・・。

これのおかげでしばらく動けない状態が続き、少ししてからお散歩とかして腹こなす。



今日はこれを食べたせいで、アクティブに動けませんでしたが。
夜はみんなでご飯。

今日は天候不安定のため、屋上ビアもできず。



知らない人と話せるかなーって不安もあったけど、
やっぱりゲストハウスでは、みんな突っ込んだこととか話さないし聞かないし、
普通にしゃべれます。時間をつぶす方法はいろいろあるし、「何もしない」をしに来ているので、こらもう最高です。


滞在中の目標はDeath Note読破  笑

伊良部・宮古島 旅日記 1日目


いよいよやってきました、宮古島当日。

なのに、前日まで仕事でバタバタしちゃって、
「さぁいくぞ!」てよりかは、「本当に行っていいの?」って感じ。
仕事でほんの少しのいいことと、結構凹むことが両方あいまって、
なおかつ呑み会も参加しなきゃで、ほんとバタバタ。

ろくに用意もできていなかったので、2時半にタクシー帰りして、そこから残った仕事して、
ようやく準備を始めて、シャワー浴びて、ほぼ休むまもなく出発。


うーっむ。前途多難。。
台風来てるしなぁ。。



でもでも、実際宮古島についてみると、一気にテンション
「あーーっ、やっぱり島が好きだ!」と実感。

このゆるーい雰囲気。
港まで乗ったタクシーとか、もうウィンカーなんか出さないからね笑


今回のメインの宿泊地、伊良部島に渡ります。
miyako01
#伊良部島へ渡るフェリーより。


もう台風が近づいてきているとのことで、潜れるときにもぐっちゃいましょう!ってことで、
ショップに着いたら速攻で着替えて、昼飯食べて出航!

そこから下地島側のポイント、
「ミニ通り池」と「魔王の宮殿」をダイビング。


どちらとも地形の有名ポイントで、ケーブあり、途中浮上ありで、どちらも初体験だったし、客も僕一人だったので、やりたい放題、写真撮り放題。


miyako02
#ハタタテハゼのペア

miyako03
#穴から差し込む光

miyako05
#ケーブ(洞窟)の中も複雑。



そんなこんなで、一人貸切のダイビングを楽しんだ後は、宿へ。


今回の宿は、伊良部島の「びらふやー」さん。

ここについては、後でまとめて書くとして。



近くの佐和田の浜で夕日鑑賞。

miyako06


その後は同宿の皆さんと、屋根の上で乾杯したり、食堂スペースで吞み会したり。
いろんな方がいて、いろんな話が聞けて、とても楽しかった!

この晩のテーマは、世代w

ロケット鉛筆しってるかー、とか、どの漫画読んでたー?とかw


万人が共通して話せる話題となると、そういうところに落ち着くみたい。

23時消灯後も、呑みに誘われたんだが、冒頭にも書いたとおり、寝不足のため、
今日はお先に就寝。


2日目は台風来そうだけど、ダイビングどうかなー??



全然用意ができない。

実はね。明日からなんですよ、宮古島。
だけどね、なんだかね。全然用意ができてないんですよ。

一応、必要なものは買い集めているので物はそろっているんだけど、パッキングができてません。
今夜も遅くなりそうなんだが、用意できるのかな??

徹夜覚悟かなぁ。


もうちょっと余裕を持って日程組めばよかった。。
ちょと反省。



なにやら台風もできそうな気配だし。
まあ向こうでゆるゆるするから、いっぱい睡眠取るようにしよう。


『ミッドナイト・イーグル』観た。

『ミッドナイト・イーグル』観た。

きっかけは、大沢たかおと玉木宏が出てるし、ホワイトアウトも結構好きだったから。

大沢たかおも玉木宏はかっこよかったし、構成としてはホワイトアウトに似てた気はするけど。

 

でも、話の構成としては、ホワイトアウトよりかなり作りこまれてるように思いました。

大沢たかおがいい感じで心理描写を演じてるので、引き込まれちゃいましたね。

こういう何か影を背負った役をやらせたら、大沢たかおははまり役だなぁ。

織田裕二よりもよかったす。笑

 

結構シリアスなんで、何度も観る作品かどうかは微妙ですが、

大沢たかおが好きな方はぜひ。

 

SLUM DUNK ユニフォーム

【スラムダンクのユニフォーム、ついに初商品化】

SLUMDUNKみてバスケにはまってたsaeとしてはこれは垂涎ものですな。。。
着る機会はまだ思いつかないけど、部屋の壁に掛けておくだけでもいいかも。。

やっぱみっちーかな??

一人旅計画。

長かったプロジェクトが一段落したので、リフレッシュを兼ねた一人旅を計画中。

もうね、かれこれ半年やってて、22時前には帰ったことはほとんどなかったし、
日曜出勤もあったし、自主的に日曜出勤して準備ってのもやったし。

幸か不幸か、現在独り身だし。(・・・不幸かw)

メンバー皆で休んでいいモードに突入したため、第1回夏休み取得させていただきます!
夏の出逢い、熱烈歓迎!!



ってことで、

行き先は、既に梅雨の明けた、宮古島。

今のところの達成目標は、
 ・地形ダイビング。行ければ通り池。
 ・下地島で訓練機のtouch&goを見学。
 ・ゆるゆる、ふにゃふにゃな生活を送ること。

懸念点は、台風。
どうやら、発生直後に影響が出るため、なかなか読めないらしい。
こればっかりは運だからしょうがないが、閉じ込められても大丈夫なように日程に余裕を持たすか。



まだもう少し別の仕事があるので、出発はもうちょっと先だけど、
ウキウキしながら、情報調べちゃうかーー。

リンクやコメントなど。

そうそう。

リンクはフリーにしようと思いますが、もしよかったらコメントください。
コメント大歓迎。

トラックバックはとりあえず承認制にしてみます。

ちょっとしばらくこんな感じで運用してみて、なんかすごいことになったらなんか考えます。

まだまだコンテンツ少ないですが、そのうち気づかない内に増えてるかも知れませんが、
暖かな目で見守ってやってくださいな。

プロフィール

sae

Author:sae
sae (age:27 ♂)
社会人5年生のにもなってしまったIT屋さん。
趣味はダイビングやら、飛行機やら、それらの写真やら。
azureは"紺碧"。そんな感じの色が好きです。

デジタル一眼ほしい!X2の中古かな?

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。